フィンペシア 副作用の罠闇

フィンペシアの副作用については、このサイトに訪れる方のほとんどはご存知でしょう。

主なものは以下です。

・精力・性欲の減退、ED
・肝臓へのダメージ
・うつなどの精神疾患
・胎児への悪影響

他にもプロペシアをはじめとした多くのフィナステリド含有製品でも報告されている副作用が起こりうることが考えられますし、海外では実際に症例もあるようです。

副作用については、同成分であれば同じように発症する可能性があるのは当然の理であるので、フィナステリド含有製品と同じ程度の副作用リスクがあると考えれば、フィンペシアの副作用リスクはプロペシア等と同等、すなわち安全性も同等とみなすのが自然です。

しかしながら、私たちは巷にあふれる副作用情報の罠と闇の部分をしっかりと考察しておかなければなりません。


フィンペシアの副作用の


フィンペシアはCipla社(本社インド)によって製造されています。

Cipla社は、1935年設立のインドに本拠地をおく製薬会社で、これまで抗がん剤や抗生剤、HIV治療薬などを中心に、医薬品を開発し製造をおこなってきました。売上高1700億円、2014年時点での時価総額は7.7億ドル(日本円で8,000億円程度)、20,000人以上もの従業員を雇用する大企業であり、インドだけでなくアメリカFDA、WHO(世界保健機関)、日本のPMDA(医薬品医療機器総合機構)などからの承認も受けている信頼と実績のある製薬会社です。

Cipla社が国際的にも信頼と実績のある製薬会社であるならば、フィンペシアも信頼できるAGA治療薬と言えることになりそうですが...

フィンペシアを取り巻く状況

プロペシアの特許は、平成26年10月11日からさらに5年間の特許期間延長が認められ、事実上平成31年10月11日が特許最終日だと言われています。しかし国際特許条約に未加盟であるインドでは、その特許料を払わずともコピー品を製造することができます。本来、Cipla社は特許侵害になるところですが、国際特許条約に未加盟であることや、国境なき医師団への安価な薬剤提供による慈善的活動、そしてインドがいまだ発展途上国という経済背景もあり、先発メーカーは人道的な意味でもコピー品を黙認せざるを得ないのが現状です。よくも悪くもCipla社のおかげでエイズ治療薬などを発展途上国に安価で広めることができたようです。

フィンペシアは「プロペシアのジェネリック」とうたわれることもありますが、正確には「プロペシアのコピー品」です。

莫大な費用をかけた先発メーカーや特許料をきちんと払って製造しているジェネリック商品メーカー、それらの販売者からすれば、コピー品で安いフィンペシアの流通は好ましくはないでしょう。


フィンペシアについての要点のまとめ

・製造元のCipla社は信頼と実績はある
・プロペシアのコピー品である


合理的な判断として、プロペシアと同等の効果と安全性を持ち、さらに安価であるならばフィンペシアをAGA治療薬の筆頭候補にすることに異論はありません。

もし、臨床データなどの明確な根拠もなく、不当にフィンペシアの副作用がことさら危険であるかのように喧伝するものがあれば、それは「副作用の罠」です。ライバルを蹴り落とさんとする「業界の闇」に飲みこまれないように注意してください。コピーだからと言って薬の効果と安全性が劣ることの根拠にはなりません。私たちは冷静で客観的にフィンペシアの評価をするべきです。


考えるべきは3つ。
・フィンペシアは日本国内未承認
・フィンペシアのニセモノの存在
・コピー品を許容するか否か

いくら安価であるとはいっても、国内未承認薬は個人輸入代行によってしか手に入りません。フィンペシアに限らず、国内未承認薬の商取引は違法となります。また、フィンペシアのニセモノについてですが、これはプロペシアも同様に注意しなければなりません。よっぽど粗悪なものでもない限りパッケージや錠剤も精巧なつくりで本物に似せられていることが多く、専門家でなければニセモノと見破るのは困難でしょう。よって信頼の置ける輸入代行業者から個人輸入をすることが肝要となります。オオサカ堂とその姉妹サイトか、日本法人のアイドラッグストアーが実績や信頼性、価格の点で安心できると思います。

「参考サイト」アイドラッグストアー


最後は、「コピー品を許容するか否か」です。正規品か、正規ジェネリックか、正規と同等の効果を持つと考えられる安価なコピー品か。その判断は個人の裁量と言うほかはありません。

「安くて効果が見込めるならコピーでもOK」
「特許侵害のコピーは倫理的に許せないからフィンペシアは買わない」

私にはどちらの考えも理解できますし、どちらかの立場に立つことはしたくありません。薄毛治療は長期的でお金がかかることなので、経済的な面を重視したい方もいらっしゃれば、健全な産業を保護する観点から特許侵害を許してはいけないというお考えの方もいらっしゃることでしょう。一概にこれが正解と言えませんし、どの考えであっても尊重されるべきものだと思います。


もし、あなたがAGA治療薬としてフィナステリド含有製品を選択するとしたとき、以下の中からどれを選びますか。(価格はオオサカ堂参考(2018/5/5))

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg
1箱100錠 2,942円 1錠あたり29.42円

プロペシア(オーストラリア版)1mg
1箱28錠 4,364円 1錠あたり155.86円

[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mg
1箱100錠 2,797円 1錠あたり27.97円

※リンク先の購入者レビューも参考になるかもしれません。

当サイトの願いは、「過剰な副作用情報(副作用の罠と業界の闇)に惑わされず、あなたに合った最高のAGA治療薬が見つかること」です。ぜひ、よいものに巡り合ってください。
当サイト売り上げBEST4*
プロペシア(アメリカ版)1mg[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mgフィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg
5,744円1,874円5,237円1,969円
(*2015~2018実績)
価格は変動します。最新の価格情報はオオサカ堂にて確認してください。

育毛剤人気No.1のプロペシア



本当に生える!髪の毛が太くなる!

という画期的なお薬ですが...



皆様も懸念している通り

副作用が心配!







その副作用



×男性器の機能低下

×性欲の減退



と言われています。



プロペシアの主成分である

フィナステリド

副作用を引き起こすのではないかと

考えられています。






副作用を知ってプロペシア

買うことを断念した方も

きっと多いことでしょう。



そんな方々に

アメリカで過去に行われた

臨床試験の結果をご紹介します。



-----------------

臨床試験の方法

・被験者をA、Bの2グループに分ける

・Aにはフィナステリド1mg、

 Bには偽薬(プラセボ)を

 それぞれ服用させる

・各グループの副作用の割合を調査



調査結果

調査結果

-----------------



このデータから以下のことが

お分かりになると思います。



まず、フィナステリドの副作用は

2%未満の低い割合であること。



また、偽薬でも症状を訴えた患者が

1%前後いたということ。



偽薬なのに症状を訴える人がいたのは

ちょっとオカシイですよね?





男性機能の低下や性欲の低下は

生活習慣ストレスによるものが大きく

この調査ではフィナステリドと

男性機能低下・性欲低下の因果関係は

はっきりとは示されませんでした。



コンマ数%以下の差では

有意な差とは言いにくいですが

フィナステリドに副作用が存在する

という前提で考えてみましょう。





もし、この調査結果が本物で

被験者がウソをついていなければ

次のことが言えます。



1.フィナステリド服用者に

 男性機能低下・性欲低下が

 現れる割合は2%未満である



2.フィステナリドを服用しない者に

 男性機能低下・性欲低下が

 現れる割合は1%程度である

 (生活習慣やストレスによる

  一時的なものも含む)



3.よってフィステナリドの副作用として

 男性機能低下・性欲低下が現れるのは

 1%未満である



単純な引き算ですが

仮に副作用があると考えても

「1000人に数人いるかどうか」

というレベルです。



一般的な他の薬と比較して

その割合が高いとは言いにくい

と考えられます。





しかし、なぜ

副作用のことがこんなに

取り沙汰されるのでしょうか?



当サイト売り上げBEST4*
プロペシア(アメリカ版)1mg[プロペシアジェネリック]フィナロイド(FinaLloyd)1mgフィナロイド100錠 + ミノキシジル5mg100錠デュタステリド(デュタボルブ)0.5mg
5,744円1,874円5,237円1,969円
(*2015~2018実績)
価格は変動します。最新の価格情報はオオサカ堂にて確認してください。



<育毛業界の闇>


これはどうやら

育毛ビジネスという巨大産業の

覇権争いが関係しているようです。



ヘアケア市場は

年間4300億円を超える

大きな市場です。



しかしながら大きな成長もなく

横ばいの推移を続けています。

「限られた4300億円の取り合い」

を業者間でおこなっている状況です。



副作用も少なく

本当に毛が生えると評判の高い

プロペシアの登場は

今まで暴利をむさぼっていた

ヘアサロン、育毛剤業者たちを

震え上がらせているのです。



プロペシアのレビューはコチラから

>>プロペシア(アメリカ版)1mg



本当に効く薬がひとつあれば

サロンや市販の育毛剤の

お世話になることはありません。



彼らの本音はこれです。

「何としてもプロペシアを潰したい」

そうしなければ

彼らの商売は終わりです。

「有力なライバルを何としてでも潰す」

これは様々な業界における

闇の部分です。

育毛業界とて例外ではありません。



特にインターネット上では

某巨大掲示板などを使って

プロペシアの副作用を

声高らかに喧伝しているようです。



プロペシアの評判を信じるか

彼らのプロペシア批判を信じるか



それは「あなた次第」です。









信じて使ってみようと思う方には

ひとつご忠告をしなければなりません。



それは

「偽物をつかまされるな」

ということです。

人気の高いプロペシアには

偽物も多く出回っているようです。





では、どこで手に入れるのか?



安心・安全で格安購入ができる

オオサカ堂(大阪堂)をオススメします。



オオサカ堂は今、一番人気のある

薬の個人輸入代行業者です。

このオオサカ堂を通じて

プロペシアを購入すると

病院で処方されるときと比べて

3分の1程度の費用で済みます。









オオサカ堂をオススメする理由>


創業21年の実績

メーカー正規品保証

全国送料無料

お届けまで最短3日

中身がバレない安心梱包

クレカ・銀行振り込み対応

ポイントがついてお得

ほぼ常に業界最安

他社より高ければ値段交渉可



これだけのメリットが揃っている

輸入代行業者は他にありません。



ご購入の際はぜひ

オオサカ堂をお選びください。